エクセルの使い方
エクセルの使い方を覚えよう

[an error occurred while processing this directive]

エクセルの資格-MOUS

エクセルの資格-MOUS

エクセルの使い方を覚えた。周りの人に「エクセル テクすごいねぇ」と言われる。でも、そんなあなたの能力を公的に証明できますか?

今の厳しい、ビジネス環境で生き残るには、ただ単に「エクセルが使える」というだけではなく「エクセルをどれだけ使いこなせるか」を証明できる資格がほしいところです。

エクセルの資格があれば、「エクセルを使える」という公的な証明になるため、就職や転職・社内でのキャリアアップの強力な武器であることは間違いありません。

また、ビジネス上必須のExcelを使いこなす能力があるということで、人材派遣会社への登録・給与の面でも有利に働くともいわれています。

エクセルの資格 MOUS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)

そこで、私がおすすめするのは、「MOUS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)」。

なんといっても、マイクロソフト オフィス スペシャリストは、エクセルを開発したマイクロソフト社が認定する資格ですので、エクセルの能力を証明する資格としては、これ以上のものはありません。

また、多くの企業から高く評価されている資格であるため、資格をとった効果という面から考えても期待できます。


さて、マイクロソフト オフィス スペシャリストのエクセルの試験には、エクセルの基本操作のマスターが求められる「スペシャリストレベル」と、ワンランクアップしたエクセルの応用操作のマスターが求められる「エキスパートレベル」があります。

日々エクセルをバリバリ使っている方は、「エキスパートレベル」、これから、エクセルの勉強を始める方は「スペシャリストレベル」を取得することがおすすめです。

エクセルの教材

そうはいっても、MOUSをとるためにどのように勉強したらいいのか?悩ましいですよね。


エクセルの教材は本屋に行けばたくさん並んでいますし、インターネットでもエクセル関連情報は山のようにあふれています。

私のサイトでもエクセル本や、マイクロソフトオフィススペシャリスト試験対策本を紹介しています。

情報がありすぎて、逆に混乱してしまう方もいるでしょう。


もっとも、自分のスキルを磨くだけでなく、エクセルの試験を受験するならば、専用の試験対策講座に申し込む手もあります。

試験対策講座は、その名のとおり、試験に合格するためのカリキュラムが設定されていますから、受験対策講座は費用はかかりますが、その分短時間で効率よく試験勉強をできるように作られています。

全てを自分でやっていたら、時間がいくらあっても足りなくなります。

時間がない方は、独学で勉強するよりも、時間をお金で買うことをおすすめします。

MOUS Excel講座
無料資料請求
こちらをクリック
→→→→→→→

【生涯学習のユーキャン】教養と資格を身に付けてみませんか?

資料請求自体は無料です。資料請求をしようか悩むくらいなら、行動してみてください。

お金がかからないでできることならリスクはありません。悩むくらいなら、さっさと行動して、残った時間を有効に活用しましょう!!


[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]