エクセルの使い方
エクセルの使い方を覚えよう




エクセル入門 目次に戻る

エクセル関数実践編−if関数の使い方

page 1

スポンサード リンク

if関数の書式

if関数は指定した条件に応じて、セルに表示する内容を変える関数です。

if関数の書式
=if(条件,表示内容1,表示内容2)

条件条件を入力します。
表示内容1条件が成り立つ場合に表示すべき内容(文字列、セル、あるいは別の関数)を入力します。
表示内容2条件が成り立たない場合に表示すべき内容(文字列、セル、あるいは別の関数)を入力します。

if関数の動作の概要

if関数は、エクセルで一番基礎となる関数です。実はif関数というのは、通常のプログラミング言語でも、最もよく使われる機能のひとつで、if関数を使いこなせれば、様々な場面において、大きな力となります。しかし、一番基礎となる関数であるために、その分、一番奥が深い関数とも言えます。そこで、本稿では、if関数の動作を深く掘り下げて見て行きたいと思います。

if関数の動作のイメージ

スポンサード リンク

現実の世界でも、場合分けをして行動を変える、というケースはよくあると思います。ここでは、単純な例を考えてみましょう。

例えば、答案のある問題を採点しているときのことを考えてみてください。この場合に、採点者は次のようなことをするはずです。

  1. 正しく解答をしていれば○を書く
  2. 誤った解答をしていれば×を書く

これをエクセルのif関数で表現することを考えてみましょう。

条件の部分の表現を変える

でも、このままの形ではエクセルのif関数で表現することができません。というのは、いわゆる「条件の部分」の表現が1つめの条件と2つめの条件では異なっているからです。これをエクセルのif関数で表現してみるために、次のように表現を変えてみましょう。

  1. 「正しく解答が記入されている」という条件を満たせば「○」を書く
  2. 「正しく解答が記入されている」という条件を満たさなければ「×」を書く

このように「・・・という条件を満たせばXXXを書く」、「・・・という条件満たさなければYYYと書く」というように整理してやることで、エクセルのif関数で表現できる形になります。



条件の部分の表現を変える

これを、エクセルのif関数風に表現すると、

=if(「正しく解答が記入されている」,「○」,「×」

というふうに表現できることになります。

また、一番最初に書いた書式にあわせて書くと、下のような感じになります。

条件正しく解答が記入されている
表示内容1○を記入(表示)する
表示内容2×を記入(表示)する

if関数のエクセルでの使い方

エクセルでのif関数のイメージは基本的には上記のとおりなのですが、実際にエクセルでif関数を使う時には、上のように人間が話す言葉を用いて表現することはできません。そのため、エクセルでif関数を使うためには、エクセルで定められている条件、表示方法の書き方を覚える必要があります。

そこで、次回はif関数の条件の部分の書き方を見ていこうと思います。




if関数の使い方目次

  • 第1回:if関数とは?
  • 第2回:if関数の条件の書き方
  • 第3回:if関数を実際に使ってみる
  • 第4回:if関数の入れ子
  • 第5回:if関数とand、or関数
  • 第6回:if関数応用例

※次回以降は順次掲載予定です。




エクセル入門 目次に戻る

「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です!

このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。

ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます!

↓ 登録はこちら ↓
名字
名前
メールアドレス


 





姉妹サイト:
情報処理技術者試験対策   逆ポーランド記法  

[an error occurred while processing this directive]