エクセルの使い方
エクセルの使い方を覚えよう




関数一覧に戻る


Excel関数−search関数の使い方


[an error occurred while processing this directive]

search関数の概要

search関数は指定した文字列があるセルに入力されている文字列に含まれているかどうかを調べる関数です。その文字列が含まれている場合には、その文字列が最初に現れる位置の先頭から数えた文字数が返り値として求められます。

search関数の書式

=search(検索文字列,セル,検索開始位置)

検索文字列検索したい文字列を指定します
セル検索文字列を含んでいるかどうかを調べたいセルを指定します
検索開始位置検索を開始する位置を先頭からの文字数で指定します(省略した場合には、先頭から検索します


search関数の使用例

A1セルには"眠りたい"という文字列が入力されているとします。
=search("たい",A1)
A1セルに「たい」という文字が入力されているかどうかを調べます。この例では3文字目から「たい」という文字列があるため、3という値が返り値として求められます。

search関数の使用上の注意点

検索開始位置、検索結果は「文字数」単位

search関数では、検索開始位置、検索結果は「文字数」を単位とします。

ということで、例えばA1セルに「あAいBうCえDおE」というように全角文字・半角文字が混じっている場合でも「=search("い",A1)」というふうに入力すれば「3」という結果が返ってきます。

一方、似たような関数でsearchb関数というのがありますが、こちらは抽出開始位置、抽出文字数について「文字数」の代わりに「バイト数」で指定します(この場合には、「=searchb("い",A1)」といれると「4」という結果が返ってきます)。

文字数とバイト数の関係はWindowsにおいては大雑把にいうと、文字の縦の長さが横の長さの2倍くらいある(≒半角文字)ならば1文字=1バイト、文字の縦と横の長さがほとんど一緒(≒全角文字)ならば1文字=2バイトという感じになります。
半角文字の代表としては英数字や記号があり、全角文字の代表としては漢字やひらがながあります。

大文字・小文字の区別ができません

search関数は大文字・小文字の区別ができません。大文字・小文字を区別して検索したい場合には、find関数を使用します。

ワイルドカードが使えます

search関数では、?,*等のワイルドカードが使えます。




関数一覧に戻る


「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です!

このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。

ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます!

↓ 登録はこちら ↓
名字
名前
メールアドレス


 





姉妹サイト:
情報処理技術者試験対策   逆ポーランド記法  

[an error occurred while processing this directive]