エクセルの使い方
エクセルの使い方を覚えよう




関数一覧に戻る


Excel関数−roundup関数の使い方

端数処理をする場合の注意点のページを作りましたので、ぜひご覧ください!

スポンサード リンク

ピボットテーブル セミナー

roundup関数の概要

roundup関数は指定したセルに入力されている値を指定した桁で切り上げた結果を返します。

roundup関数の書式

=roundup(セル,桁数)

セル端数処理をしたい数が入力されているセルを指定します。
桁数端数処理をしたい桁数を入力します。


桁数の指定は具体的には下のような感じで指定を行います。
小数第?位未満の端数を切り上げます
例えば、2とすると、123.4567→123.46 となります
整数に切り上げます
例えば、0とすると、123.4567→124 となります
指定した桁未満の端数を切り上げます
例えば、−2とすると、123.4567→200 となります



roundup関数の使用例

=roundup(A1,0)

A1セルに入力されている数の小数部を切り上げて整数で表します。 言い換えると、小数第一位を切り上げて整数にします。

roundup関数の使用上の注意点

負数の端数処理に注意

端数処理関数は負数を扱う場合には、普段、私達が持っているイメージとは違う動きをすることがあるので、注意が必要です。

ここからは、roundup関数について、具体的な動きを見ていきたいと思います。

例えば、A1セルに1.02.0以下の数値が入力されている場合には「=roundup(A1,0)」という関数を入力すると、以下の図のように、2が返されます。

正数にroundup関数を用いた場合



例えば、A1セルに-2.0以上-1.0未満の数値が入力されている場合には「=roundup(A1,0)」という関数を入力すると、以下の図のように、-2が返されます。

負数にroundup関数を用いた場合

このように、roundup関数を使うと、端数がある場合「0から遠ざかる方向」(絶対値が大きくなる方向)に動きます。

roundup関数の関連関数

端数を四捨五入したい

round関数を使用します。

端数を切り捨てたい

rounddown関数を使用します。



おすすめ記事:端数処理をする場合の注意点




関数一覧に戻る


「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です!

このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。

ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます!

↓ 登録はこちら ↓
名字
名前
メールアドレス


 





姉妹サイト:
情報処理技術者試験対策   逆ポーランド記法