エクセルの使い方
エクセルの使い方を覚えよう




関数一覧に戻る


Excel関数−weekday関数の使い方


[an error occurred while processing this directive]

weekday関数の概要

weekday関数は与えられた日付(シリアル値で表された日付)が何曜日かを返す関数です(シリアル値には何年何月何日という情報が入っていますが、weekday関数はそのシリアル値が何曜日を表しているかを返す関数です。)

weekday関数の書式

=weekday(シリアル値,種類)

シリアル値 曜日(に対応する数値)に変換したい日付(シリアル値)を入力します。
返り値の種類 weekdayの返り値は曜日に対応する0から7の数値で返されます。 この2つめの引数に値を指定することで、曜日と返り値となる数値の対応関係を変えることができます(なお、通常の場合は、この2つめの引数は省略しても問題はありません。省略した場合には、1を指定したのと同じになります)。

2つめの引数値と曜日の関係
1又は省略した場合1 (日曜) 〜 7 (土曜)
21 (月曜) 〜 7 (日曜)
30(月曜) 〜 6 (日曜)




weekday関数の使用例

=weekday(A1)

A1セルに入力されているシリアル値が「何曜日」かを表しているかを返します。


weekday関数の使用上の注意点

weekday関数の返値

weekday関数の返り値は、曜日そのものではなく、曜日毎にあらかじめ決められている数値が返されます。そのため、セルに曜日を表示させたい場合には、別途処理が必要となります。

例1: =choose(weekday(A1),"日曜日","月曜日","火曜日","水曜日","木曜日","金曜日","土曜日")

例2: =text(A1,"aaaa")

例3:
日付が入力されているセルの書式をユーザ定義「aaaa」に設定する。

上の3つの例のどれを使っても、日曜日、土曜日等と表示されます。 (但し、例1、例2はコンピュータ内部の処理も「日曜日」等といった文字列で処理されるのに対して、例3はコンピュータ内部では日付(シリアル値)として処理されるという違いがあります。






関数一覧に戻る


「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です!

このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。

ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます!

↓ 登録はこちら ↓
名字
名前
メールアドレス


 





姉妹サイト:
情報処理技術者試験対策   逆ポーランド記法  

[an error occurred while processing this directive]