エクセルの使い方
エクセルの使い方を覚えよう




関数一覧に戻る


Excel関数−counta関数の使い方


スポンサード リンク

ピボットテーブル セミナー

counta関数の概要

counta関数は値が入力されているセルの個数を求める関数です。

counta関数の書式

=counta(セル1,セル2,・・・)

セル1 「値が入力されているセルの個数」を調べたいセルを指定します。
セル2以降 セル1と同様です。

調べたいセルが複数ある場合には、
A1:B3(A1からB3セルの全て)、A1,B4(A1セルとB4セル)等というふうに 「:」(コロン)や「,」カンマを使って入力します。

counta関数の使用例

=counta(A2:A4)

A2セルからA4セルのうちで、値が入力されているセルの個数を返します。


counta関数の使用上の注意点

非表示セルも合算される

選択されている範囲に非表示セルが含まれていても、その非表示セルを 含めて、数値が入力されているセルの個数が計算されます。また、オートフィルタ等を使った結果、 非表示となったセルについても同様です。

セルの書式が文字列型のセル・エラーセル等も合算される

書式が文字列型のセルやエラーセルについても、counta関数では、値が入力されているセルの個数として合算されます。


counta関数の関連関数

文字型セル・エラーセルは合算したくない

count関数を使用します。

空白セルの個数を求めたい

countblank関数を使用します。

特定の条件を満たすセルの個数を求めたい

countif関数を使用します。




関数一覧に戻る


「経理事務のためのエクセル基礎講座(初級編)」(動画マニュアル 総収録時間162分)を無料プレゼント中です!

このマニュアルで解説していることを一通り学べば、経理事務を行う上で最低限必要となる知識が得られます。

ご登録者の方には、合わせて、公認会計士が実体験を通して身に付けたエクセルを使う技をメールにてお伝えしていきます!

↓ 登録はこちら ↓
名字
名前
メールアドレス


 





姉妹サイト:
情報処理技術者試験対策   逆ポーランド記法